会社の飲み会で嫌なことランキング

大企業の実態

会社の飲み会って好きですか?

ネットでも会社の飲み会の是非が話題になっていますね。


僕は会社の飲み会は嫌いです。

あんなもんお金を払っていくもんじゃないと思います。

不満がたくさんあるので、ランキング形式でまとめてみたいと思います。


まずは10位から。

ひゅ〜うぃこ〜(伝われ)。


スポンサーリンク

第10位 結局仕事の話になる

職場のメンバーが集まったところで、そこに共通する話題なんて「仕事」くらいしかないんですよね。


社員の誰かと2人で話すなら、趣味とかくだらないこととかもまだ話せますが、

会社の飲み会となると複数人で話すことになります。


そうなったとき、誰かの趣味について話を振っても、全員が盛り上がるということは難しい。

だから結局、みんなが理解できる仕事の話に落ち着くわけです。


また、友達と飲んでいる時は恋愛トーク、下ネタ、誰かをイジるなどできますが、

職場の同僚という関係上、セクハラやパワハラととられると大問題になります。


そのため、話を振る側も当たり障りのない話しかできないのです。


だから会社の飲み会はつまらない。

「仕事大好きな人」は仕事の話を熱く語れる機会なのでいいかもしれませんが、


こちらは誰かがウ○コを漏らしたとかそういう話で盛り上がりたいんです。


第9位 たばこ臭い

たばこを吸わない人は、普段はたばこの臭いから守られています。

でも居酒屋はどうでしょう?

分煙なんてされていませんよね。


なんとなくたばこを吸う人は固まってくれますが、

喫煙者が6人で、8人テーブルに座った場合、たばこを吸わないのにそのテーブルにいくことになった2人はとても辛い。


髪にも服にもたばこの臭いがつき、その日はテンションガタ落ちです。

不可避の副流煙はマジでどうにかして欲しいですね。


喫煙者は宇宙服とか着てきて、その中で吸ってほしいです。


第8位 若手は仕事が多い

若手の人は幹事を任されます。

店を探し、予約する。

飲み会中にイベントがあったら進行を守らないといけないし、

上司のグラスが空いたらすぐにビールをつがなければいけない。


これはもはや業務です。

幹事には手当くらい出すとか、

それか、幹事はランダムで決めればいいのにって思います。

そうしたら若手の飲み会離れも少なくなるんじゃないでしょうか。


第7位 飲み会での振る舞いが評価などに影響する

会社での評価なんて、仕事の出来だけじゃなくて、その人の印象とか性格で決まる部分も大きいです。


飲み会の幹事をバシッとできる人は「仕事ができる」という印象を抱かれます。


逆に、

飲み放題にビールがついてなかったとか、

座ってみたら4人だけ隔離された席になってたとか、

上司のグラスが空いているのに気づかなかったとか、


そういうことで「仕事ができない」という印象になってしまい、

結果的に会社での評価に悪影響を及ぼすこともあります。


会社の飲み会はアピールの場でもありますが、リスクもあるんです。


そんなリスク負うくらいだったら家でアマゾンプライムビデオ見てたいです。


第6位 断りづらい

忘年会とか年度末の飲み会とか、もう不可避イベントじゃないですか?


「出欠をとる」じゃなくて「都合がつかない人は連絡する」みたいなスタイルだともう最悪。

自由参加なのに、「普通行くよね」っていう雰囲気を出さないでください。


第5位 芸をさせられる

特に忘年会にありがちですが、余興の芸をしなきゃいけない場合がありますよね。

あれほぼイジメじゃないですか?


確かに上の人からしたら楽しいですよね。

普段仕事だけの関係の部下が、一発芸や漫才をやる。

新たな一面を見れるし、スベったらスベったでイジッて笑えるし。


でもそういうのが苦手な若手からしたら本当に地獄。


なんで意味のわからない「ペンパイナッポーアッポーペン」をやらされ、たいしてウケず(てかウケるわけもないだろ)、

準備にも時間を使わないといけないんですか。


最低限、一発芸の練習は業務時間として扱う、これでしょ。


第4位 ルールに気を配らないといけない

飲み会におけるルールも嫌いです。


「ビールをつぐ時は、ラベルを上にしてつがないといけない」ってなんなんですか。

一本締めか三本締めか、本当に正しいのはこっち、とか心底どうでもいいし。


そんな誰も得しないルールがあるから飲み会が「めんどい」っていう印象になるんですよ。


「一番若い人が幹事をやる」

これはまだ理解できますよ。


だって若手は普段仕事の重要性が低いし、忙しくもないですからね。


でも、注文をするとか、ビールをつぐとか、そんなのは気づいた人がやれば良くないですか?


本当は動きたいけれど若手が動くのを待ってる人はいませんか。

不便を味わってでも「若手が成長するチャンス」を与えたいんですか。神様ですか。


あと何より厄介なのが、飲み会のルールにやたら厳しい人。


会計の傾斜配分が少しでも気に入らないものだったら食ってかかってきます。

誰も幹事やりたがらなくなりますよ。


第3位 高い

ほぼ業務なんだから代金は会社が全部持ってくださいよ。

忘年会とか5000円くらいするじゃないですか。


で、お行儀よく愛想よく、ビールついだり上司の話を聞いたり。


だったらガールズバーいきますよね普通。


あと、多くの職場で女子は安くするのに、お酒飲めない人を安くするってのを聞いたことありません。

飲み会が高いのって大部分はお酒でしょ?


みんな同じ会費だったら、お酒飲めない人は周りの人の分まで負担してるってことですからね。


だったらガールズバーでオレンジジュース飲むでしょ普通。


第2位 お酒を飲む場のに酔っていられない

会社の飲み会って、やらかしたらアウトですよね。

会社の愚痴をこぼしたら目をつけられるし、部長のヅラを掴み取ってしまった日には大惨事です(出家しましょう。部長と共に)。


お酒を飲む場、でも酔っていられない。


これが、お酒は好きなのに会社の飲み会は行きたがらない若者の考えですよ。


聞いてますか、上の方の人。

ガチで無礼講になる仕組みを考えてください。


第1位 仲良くない人とも話さなければいけない

堂々の第1位は、仲良くない人とも話さなければいけないことです。


会社の飲み会くらいじゃないですか。これ。


大学のサークルとか、バイト先とかってある程度好きな人と飲めるじゃないですか。

そもそも気が合わない人ばかりのサークルには入らないし、バイト先の飲み会とかでもだいたい喋ったことある人の集まりでしょ。

で結局仲の良い人で固まるでしょ。


でも会社の飲み会ってどうですか。


部署の飲み会とか、全然喋ったことのない人と同じテーブルになることとかザラにありません?


あとゲストだかなんだか知らないけど、偉い人が来て、

しかも偉い人の前の席が空いていてそこに座らなければいけなくなった時。


地獄の2時間のスタートですよ。


飲み会で席が移動できるといっても、偉い人の席から動くときはそれなりの理由がいるし。

トイレで席を立って、「その間に俺の席よ埋まれ」って願っても結局そこしか空いてない、とかね。


仲の良くない人、てかそいつのことなんか微塵も興味ない人とでも会話を膨らませなければならない。


自分なにやってるんだろうって気になりません?


まとめ

長年勤めてる人には飲み会は楽しいでしょうね。

ほとんど全員と話したことあるでしょうし。


でも若手は違います。


めんどくさいと思うことがたくさんあるんです。

だから僕はあんまり会社の飲み会に行っていません。

その分会社の同期とか友達と楽しくやります。

この記事が多くの人に読まれて、若手にとって理不尽なことが少なくなるといいなと思います。

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました