会社に愛着なんて持つから働きづらくなる

頑張らない働き方

就職活動を頑張り、

苦労して入りたい会社に入った社員ほど、

人生がリスキーになる。


スポンサーリンク

会社への愛着は捨てたほうがいい

昔は、

「会社への忠誠心こそ大事!」

「上司の言うことは死んでもやり遂げろ!」

のような謎の根性論が蔓延していたようだが、

今は時代が違う。


仕事に対する熱は一人一人違うが、

個人的には、

「クビにならない程度でいいや」

から、

「クビになってもいいや」

というくらいの熱で働くくらいが一番コスパがいいと思う。


会社への愛着を捨てれば働き方が柔軟になる

何を言っているかというと、

仕事に対してそれくらいの熱で働いている人は、

職場の環境が悪くなったりすると
(ド田舎への転勤や、パワハラ上司の出現など)

その会社に見切りをつけ、

他の会社に期待することもできるが、

その会社に愛着がある人ほど、

「会社をやめる」という選択肢が思いつかない。

もしくは、思いついているのに気づかないフリを続ける。


愛着はいつか執着に変わる

社会人が心を病んでしまう割合は思ったより高く、

過去、うつ病だと診断されたことのある人は10%にも及ぶ。

長い長い社会人生活で、まず心配することは

クビになることよりうつ病になることである。

であれば、会社への愛着が

「会社をやめる」という選択肢を潰し、

逃げ道の一つを塞いでしまうことは、

怖いことだと思わないだろうか?


会社への愛着は、自分だけでなく、

親や友人も絡む場合がある。

親戚の集いに参加する度に、

「仕事は順調か?」

「素晴らしい会社に入れたんだから、これからも頑張れよ」

などと言われたり、

友人と飲んでいて

「いいよな~お前は。俺らの希望の星だぜ」

などと褒められると、

「この会社にいることで自分の評価は高いんだ」

「この会社を辞めてしまったら周りの人にどう思われるだろう」

などと思い、

それは会社への愛着を強くしてしまう。

その結果、自分の中でその会社が唯一の存在となり、

会社や上司の無茶ぶりに対しても感度が薄れてしまう。


会社との関係はドライなくらいでいい

会社との関係は、ある程度ドライな方が、

人生において柔軟に選択肢を選べるし、

選択肢が他にもある、と考えるだけでも

追い詰められにくくなる。

気が楽になる。


世の中、仕事はたくさんある。

今の会社をクビになっても、

別の会社はすぐに見つかる。

心配なら、転職サイトを覗いてみて、

プロフィール入力でもしてみたらいい。

あっという間にたくさんのスカウトが来る。

AIに仕事を奪われるという記事も見るが、

まだ数十年は先の話だし、

AIがメジャーになってもまた別の仕事が生まれる。

自動改札の導入により、駅の改札で切符を切る人は必要なくなったけど、

その代わり今はITエンジニアが大不足しており、

未経験でも欲しい企業がたくさんあるくらいだ。


まとめ

「今の会社はいつクビになってもいっか」

くらい肩の力を抜いて働くと、

今よりしんどくなくなると思う。

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました