気楽に働くには「仕事なんてメルカリで稼ぐのと変わらない」と思えばいい

頑張らない働き方

メルカリはほとんどの人が知っていると思うが、フリマアプリである。

フリーマーケットが開催されると、家の中にある不要品を並べ、買った人から代金をもらう。

最近ではインターネットを介し、日本中の人と売り買いができるようになった。


それがメルカリである。


ちなみに「こんなやつ誰も買わないだろ」って思うものでも意外に買われたりする。

このあいだ、他の人からもらったナマコ石鹸を出品してみたら3時間ほどで1000円で売れた。

やっていない人は、面白いのでやってみるといい。


スポンサーリンク

会社とメルカリ

さて、僕たちは毎日会社に行き、人それぞれの仕事をし、後で給料をもらう。

考え方によっては、これはメルカリを利用するのと変わらないのではないか。

「人それぞれの仕事」の部分が「持っているものを出品する」になるだけで、本質は一緒だと思う。


いやいや、会社は社会貢献をしているだろ、そんなものと一緒にするなって?

社会貢献になっていない仕事なんていくらでもある。


炎上覚悟で例を挙げると、

印鑑屋は本当に必要か?


むしろ印鑑業界は全滅した方が、「ハンコをもらう」という無駄な業務がなくなって社会貢献になるのではないか?


株のトレーダーは株を安く買って高く売って、どう社会貢献しているのだろうか?


ぼったくりバーの店員は?


むしろ、何かが欲しいと思っている人にそれをあげることができるメルカリは、直接人の役にたっていると思う。


まあそもそも僕ら個人の多くは、社会貢献なんて普段考えない。

代わりに考えるのは、「今後食っていけるだけのお金がもらえるか」である。

「お金がもらえるかどうか」が大事で、「どのようにお金をもらうか」なんて二の次である


だから僕ら側からしたら、会社からお金をもらうのもメルカリからお金をもらうのも同じことだと思う。


メルカリで何かを売り続けることができ、毎月20万を稼ぐことができれば、会社に勤めるなんて形にこだわる必要もない。


愛着を持つことは必要か

多くの会社では企業理念を掲げ、社員が一丸となって働くことをほぼ強要される。


そしてたまにいるのが、労働者のくせに会社に愛着を持ちすぎるヤツ

会社に愛着なんて持つから働きづらくなる
就職活動を頑張り、苦労して入りたい会社に入った社員ほど、人生がリスキーになる。 会社への愛着は捨てたほうがいい昔は、「会社への忠誠心こそ大事!」「上司の言うことは死んでもやり遂げろ!」...

会社も仕事も好きでたまらない。

この会社で働けて嬉しい。

多少自分の生活なんて犠牲にしたって仕事を進めよう。

と、幸せそうに働いているヤツ。


実際には上が決めた配属先で上が決めた仕事をしているに過ぎないのに。


でも、先ほどの「会社はメルカリとほぼ同じ」という意見を前提に考えると、そいつは相当ヤバイ。


メルカリが大好き。

ラクマ(他のフリマアプリ)ではなく絶対にメルカリで出品しメルカリからお金をもらいたい。

メルカリに出品しなくてはいけないから、多少生活は困るが炊飯器も出品しよう。

…こんなヤツがいたらすぐに友達をやめるだろう。


言いたいことは、

メルカリなんてただのサービスなんだから、当然自分の生活を優先させた上で使うべき。

ということと、


サービスに愛着なんていらないから、より良いサービスが出たらそちらに乗り換えるべき

ということ。


会社も同じで、

お金がもらえるサービスと捉え、プライベートを確保した上で行う、くらいの気持ちでいい。


また、

会社の状況が悪くなったら、自分が損しないために、他のより良い待遇の会社に乗り換えるべき。

だと思う。


転職が当たり前になり、個人でも稼げるプラットフォームがたくさんある今、一生を一つの会社に捧げるという考えは古い。


まとめ

過労でうつ病になったり、自殺をしたりというニュースを見る度に、

「会社なんてお金を稼ぐ手段の1つでしかないのに、なんで自分の生活より重要視しちゃうかな」と思う。


「会社なんてメルカリと同じようなもん」と思って、もっと気楽に働いていいと思う。

嫌になったらいつでもアプリをアンインストールしよう。

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました